こだわり

清らかな風土が醸す伊賀の地酒 瀧自慢

 瀧自慢蔵元は、三重県の山間部、奈良県との県境にある伊賀盆地にあります。
伊賀忍者でも有名なこの地は豊かな自然に恵まれ、蔵のすぐ近くには「日本の滝百選に選ばれた、国定公園赤目四十八滝の渓谷が続きます。


寒暖差の大きな気候と良質の水に恵まれ、良い米の産地として知られる伊賀地方は、
銘酒の産地でもあります。伊賀の酒が伊賀の地で愛され、日常酒として飲み継がれて
きたことは、地元での消費量の多さからも伺えます。
  「一日の終わりに、この酒がないとなぁー」
そんな声が嬉しくて、我々は今年も美味しいお酒を目指します。
  周辺写真

こだわりの酒造り

 

美味しいお酒は、良い米、良い水、そして蔵の姿勢により生まれます。
瀧自慢では、伊賀盆地で契約栽培される山田錦を中心に、「平成の名水100選」にも
選ばれた赤目四十八滝の伏流水を使い、妥協をゆるさない酒造りに徹します。 
それは、厳冬の中秒単位で行われる米洗いに始まり、管理しやすい小さな仕込みタンクの使用、生詰め瓶燗による瓶詰め、大型冷蔵庫による貯蔵等々、
大量生産では出来ないこだわりの一滴を醸します。

瀧自慢は製造数量わずか500石の小さな蔵ですが、
手を掛けられるところには隅々まで手をかけ、
蔵の個性が酒に表現出来るよう「こだわりの酒造り」をしています。

お蔭さまで、全国新酒鑑評会では9回、金賞を受賞いたしました。
また、2014年IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)では、ゴールドメダルを受賞。
2016年伊勢志摩サミットでは、乾杯酒に純米大吟醸が、食中酒に辛口純米滝水流(はやせ)が それぞれ使用されました。  

瀧自慢の目指すもの

 瀧自慢は今年も、自分が飲みたいと思う酒、自分が飲んで美味しいと思う酒を造ります。
そうして出来たお酒を気に入って下さる方がある限り、
「この酒でないと・・・・」 そう言って下さる方がある限り、
我々は、我々の酒を造り続けます。
飲み手と造り手の気持ちが重なり合い醸される一本の酒 ──── 。
それを造り続けてゆくことこそが、我々の誇りです。

社長 写真
「瀧自慢をよろしく」   社長 杉本隆司
 

「百人が一杯飲む酒より、一人が百杯飲みたくなる酒」

瀧自慢は、こんな酒を目指して、 これからも一歩一歩前進します。
今後共末永くご愛飲頂きますよう、どうぞ宜しくお願い申し上げます。